女性がなりやすい関節痛とは?

女性がなりやすい関節痛とは?

関節痛の種類は実にたくさんありますが、中でも女性がなりやすい関節痛は変形性膝関節症です。

体型や骨の老化により、膝関節の軟骨が傷つき炎症を起こします。

突発性のものではなく、長い年月をかけて膝が変形してしまう病気です。

40歳過ぎから症状を訴える人が増え、70歳代の女性では約7割の人が変形性膝関節症に掛かっています。

様々な要因がありますが、まず体重が重い人ほど膝に掛かる負担は大きく、その負担は体重の約3倍といわれています。

また、姿勢が悪くO脚やX脚の人にも変形性膝関節症の人は多く、O脚の人は膝の内側に、X脚の人は膝の外側に体重が掛かり摩擦により関節の痛みを発症します。

姿勢が悪いと膝の関節だけでなく、腰や肩の関節も痛みを伴ってしまいます。

脚の形を正常にすることで綺麗に見えるだけでなく、関節痛やむくみを解消することができます。

長時間デスクワークをしている人は血行不良により筋肉が硬く、運動不足の人は筋肉の衰えにより軟骨が傷ついてしまいます。

適度な運動やストレッチを心がけることで、変形性膝関節症を回避することができます。

関節痛は努力次第で防げます

顎や肩、肘や膝、腰や背中、手や足などあらゆる関節の痛みが起こり得る関節痛にはとてもたくさん種類があります。

その原因は様々ですが、未然に防ぐことが可能なケースもあります。

例えば太った男性に多く見られる痛風は、高尿酸血症が原因で起こり、偏った食生活やビールの飲み過ぎなどが問題とされています。

適度な運動や食生活の改善により痛風を防ぐことが可能です。

中高年の太った女性に多く見られるのが変形性関節症です。

姿勢からくる脚の形により膝に負担を掛け起こる変形性関節症は、姿勢を正すことで膝への負担を減らすことができます。

また多くの関節痛は運動不足による筋肉の衰えや、骨の老化により軟骨がすり減ってしまったことで痛みを伴います。

適度な運動とバランスの取れた食事をすることで、健康な体を保つとともに関節痛を防ぐことができると思います。

関節痛の予防

スポーツの怪我により関節を痛めてしまうこともあります。

まだ完治していないのに痛みが消えたからと、再びトレーニングを始める人は多くいます。

忘れた頃に関節痛を引き起こしてしまうことがあるので注意が必要です。